用宗という地名

| コメント(0) | トラックバック(0)

「用宗」という地名は漢字をなかなか読めず、「何て読むんですか?」と聞かれることがありますsweat01

そのたびに「もちむね」とお答えするのですが、実はこの地名、とっても意味のある名前なんですsign03

この地域は昔から海と共に生活をしてきましたwaveそして、海に出るための船を所有している方が多かったんです。

そこで、「船を持っている」ということから「持ち船」となり、現在の「用宗」になったという話があります。

そのなごりとして、今でも、石部(用宗の焼津方面隣で、静岡市の一番端にも当たります。石部には大崩れがあり、当店も石部にありますhappy01)には船を陸に上げておくための道が何本もあります。車1台分程度の道幅しかないのですが、その時代の船はきっと今よりも小さい船だったんでしょうねhappy02

地名や名前はほとんどのものに意味があるので、ぜひお近くの地名を調べてみるのも楽しいかもしれませんよsign03

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sirasu.jp/mt/mt-tb.cgi/119

コメントする

homepage_bnr.gif

このブログ記事について

このページは、kanenakaが2014年8月27日 10:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「しらすがいっぱい!!!」です。

次のブログ記事は「港が渋滞!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ