いわしのつみれ

| コメント(0) | トラックバック(0)

しらすを水揚げされる際に一緒にざるに入ってくるいわしfish

いわしの稚魚はしらすなので、一緒に入ってくることは当たり前のことなのですが、生しらすや釜あげしらすを作る際にはやはり取り除かなくてはいけませんcrying

しかし、いわしもおいしい魚の種類sign03大きいものはそのまま焼いてもおいしいですが、5cmくらいの大きさのいわしはしらすにしては大きいが、いわしにしては小さいものなので、我が家ではよくつみれして食すことがあります。

このつみれ作り、実はとっても手間がかかるんですsweat01

なぜなら、1匹1匹の頭と内臓を手で取らなきゃいけないからなんですcoldsweats01

包丁ではさばけない大きさなので手で1匹1匹とらなければいけないのですが、つみれにするには何百匹と必要なので、この頭&内臓を取るのに1時間近くかかることもありますsandclock

そして、頭と内臓をとったいわしはたまねぎやみそ、生姜などと一緒にフードプロセッサーで骨がわからなくなるまで細かくし、形を整えて沸騰したお鍋の中へsign03茹であがったつみれはポン酢でもいいし、汁ものにしてもおいしい1品ですhappy01

ひと手間かけたいわしのつみれ。ご家庭でも作ってみたいという方はぜひ当店までどうぞhappy02

ただ、いわしがいつも入ってくるわけではないので、確認のお電話を頂けると助かりますconfident

telephone054-259-2625

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sirasu.jp/mt/mt-tb.cgi/121

コメントする

homepage_bnr.gif

このブログ記事について

このページは、kanenakaが2014年8月29日 09:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「港が渋滞!?」です。

次のブログ記事は「しらすトースト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ